年長の我が子の指しゃぶりと向き合った保育士であり親の体験談【苦いマニュキュア使用】

子育て

私の娘は年長になっても指しゃぶりをしていました。

正直に言いますと、ずっと以前から気になっていたのですが、

いつかやめれるだろう。

そっと見守っておこう。

と考えて、指しゃぶりをやめるよう声をかけたり、無理に外したりはしてきませんでした。(理由は後述します。)

しかし、年長になってもやめる気配はなく、何より前歯が明らかに前に出てきだしていたので、

「見守っているだけではだめだな」

と感じで、娘の指しゃぶりと真剣に向き合い、結果としてやめることができました。

そんな経験をした私が、

子どもの指しゃぶりのやめさせ方がわからない

と考えている方々に、

  • いつやめさせたらいいのか
  • どうやってやめさせたらいいのか

を保育士として、親としてどう子どもに関わったらいいのかを体験を交えて紹介します。

子どもの指しゃぶりには4歳頃から行動しましょう

指しゃぶりについては、いろいろな意見や情報が本やインターネット上で出回っています。

情報が多くて迷ってしまいそうになりますが、やめさせるべきだと私が考えたのは4歳頃からです。

その理由を解説します。

理由1:前歯が出てきから

私の娘は年長になっても指しゃぶりを毎晩寝る前や、眠たくなったときなどに毎日していました。

そのため前歯がやや前に出てくるようになっていました。ぱっと見では気づきませんが、口を開けると前歯の隙間が空いているのがわかる程度でした。

本人も、歯科検診の時に「指しゃぶりをしていると前歯が変になるよ」と言われたのを気にするようになっていました。

これは、私が保育士として仕事をしていたときの体験談ですが、指しゃぶりをよくしている年長の子どもの前歯が、90度近く前に開いている(出ている)というケースもありました。

個人差はあるとは思いますが、指しゃぶりが口腔内に悪影響を及ぼすのは事実です。

そのため、大人の歯に変わる前にやめるべきだと感じました。

理由2:娘自身の気持ちでやめさせたいと感じていたから

私は指しゃぶりを、娘自信の気持ち(決断)でやめさせたいと考えていました。

なぜなら、以下のような経験があるからです。

これも保育士の仕事の中での話ですが、子どもの指しゃぶりを気にして、保護者が2歳ごろからずっと指しゃぶりをしないように注意したり、口から指を離させたりしているご家庭がありました。

次第のその子は、保育園でも大人の目を避けてこっそり部屋の隅で指しゃぶりをしたり、布団に隠れて指しゃぶりをするようになりました。

直接的な原因とは言い切れませんが、その後、自慰行為やチックもみられるようになりました。

この子はきっと、どうしてお母さんが指しゃぶりをやめさせてくるのか理解できなかったはずです。

ですので、自分を否定された気持ちになり、自分に自信がなくなり「自分は悪いことをしているんだ」という気持ちで隠れて指しゃぶりをしていたのでしょう。

子どもの事を思って、指しゃぶりをやめさせたい気持ちはとても良くわかりますが、

子ども自身が、

「やめないといけないんだ。私はやめたい。」

と感じるまで待ちたいと思っていました。

それは私が、歯は矯正できるが、心はそうではないと考えているからです。

娘にその感情が出てきたのが、ちょうど年長になる頃でした。

おおむね4歳頃になると、自分のことを振り返って考えたり、目標に向かって行動することができるようになります。

そのため、この発達段階になってから、指しゃぶりをやめる行動をはじめることをおすすめします。

どうやってやめさせたらいいのか

4歳頃になって、子どもの心の中に「自分でやめるぞ」という気持ちが出てきたとき、親はどのように「おしゃぶりをやめる」というゴールに向かう手助けができるのでしょうか?

それは私の場合、

子どもの出するチャンスを逃さない

ということを意識しました。

実際の体験をご紹介します。

私が娘と歯磨きを一緒にしている時に、

ねえ、前歯へんになってる?

と聞いてきました。

ここ最近、娘が前歯のことを気にすることが多くなり、心の中の「おしゃぶりをやめたい」という気持ちの高まりを感じていました。

変じゃないけど、気になる?

指しゃぶりやめるの一緒にがんばってみる?

と、娘の気持ちを汲み取るように声を返しました。

その晩から娘と一緒に、

  • 眠る時に一緒に手をつないで寝てみたり
  • 手袋をつけてみたり

してみましたが、寝始めはいいもののウトウトしてくると無意識に指が口に行ってしまい、結局指しゃぶりをしてしまいうまくいきませんでした。

苦いマニュキュアを使用してみる

起きている時には、娘自信の意思でやめれていたのですが、眠りに落ちだす時や、浅く目が冷めた時に、いつの間にか指しゃぶりをしてしまうようでした。

親も一晩中、娘の手を握り続けているわけにもいきません。

そこで、助っ人として「苦いマニュキュア」を使ってみることにしました。

実際に使用したのはこちら↓

無添加 弱酸性 指しゃぶり 爪噛み 防止 苦いマニキュア つめまもり 爪まもり 爪守り 子供 子ども オーガニック成分 日本製 ネイル トップコート 爪かみ つめかみ ゆびしゃぶり 指吸い 指すい ゆびすい 苦味成分 歯医者 歯並び 出っ歯 深爪

価格:1,980円
(2020/6/28 22:24時点)
感想(31件)

舐めると苦味を感じるマニュキュアで、実際に舐めても安全な成分でできています。

娘に塗る前に実際に自分で塗って舐めてみましたが、たしかに苦いです。

しかし、我慢できない想像を絶するほど苦いというわけではありませんでした。

最初の「手を握る」作戦ではうまくいかなくて少し落ち込んでいる様子の娘でしたが、まだ「指しゃぶりをやめたい」という気持ちはまだ強いようでした。

そこで、娘に提案をしました。

指しゃぶりをやめるのに、苦いマニュキュアに手伝ってもらう?

うん!やってみる!

と言う返事だったので、その日のうちにマニュキュアを塗りました。

その結果、このマニュキュアを塗った日からピタリと指しゃぶりを止めることができました。

時々、眠りが浅くなる時に指が口にいきますが、苦いのに気づくとパッと指を口から離していました。

苦いから指しゃぶりをやめるのではなく、苦さで「自分はいま指しゃぶりを辞めるのをがんばっていたんだった」ということを思い出しているようでした。

自分の「やめたい」という主体的な気持ちを大切にして、

その補助的に苦いマニュキュアを利用

無添加 弱酸性 指しゃぶり 爪噛み 防止 苦いマニキュア つめまもり 爪まもり 爪守り 子供 子ども オーガニック成分 日本製 ネイル トップコート 爪かみ つめかみ ゆびしゃぶり 指吸い 指すい ゆびすい 苦味成分 歯医者 歯並び 出っ歯 深爪

価格:1,980円
(2020/6/28 22:24時点)
感想(31件)

まとめ:子どもの指しゃぶりに悩んでいるおうちの方へ

子どもの指しゃぶりについてはいろいろな情報が錯綜していて、どうしたらいいのか焦る気持ちばかりが大きくなってしまうことがあります。

親が焦っている姿を見ると、子どももそれを敏感に感じ取り更に指しゃぶりをしてしまう事になりかねません。

「大人になっても指しゃぶりをしている人はいない」「いつかはやめれる」と考えて、おおらかな気持ちで子どもと関わるようにしましょう。

苦いマニキュアの利用も有効ですが、「塗るだけで勝手に指しゃぶりをしなくなる」、「こっそり寝ている間に塗ろう」という考えでの利用はおすすめしません。苦さを我慢してえづきながらでも指しゃぶりをしているという話も聞きます。

まずは、子どもの「自分でやめるんだ」という気持ちを大切にしながら、その補助的な役割として苦いマニュキュアを利用されてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました